何をやるのか?

前回の記事で当面の行動目標を決めたわけだが、具体的に何をやっていくのか考えてみたい。

日中はちびっこのお世話でアウトプットの時間がなかなかとれない。
これは実際に子育てをして分かったことなのだが、小さな子どもの相手をしていると「考える」という作業が全然できない。
子どもが生まれる前には想像もできなかったが、まず机に向かうことができない。
机に向かって椅子に座ろうものなら、1分も絶たずに二人同時にこちらに向かってきて膝や別の椅子に乗りたがる。
立って作業しようとしても、「アーアー(こっちに来い)」とお呼びがかかる。
断ろうものならもちろん泣き声・叫び声の大合唱だ。

これはもう二人が同時に昼寝している時間、夜になって寝かしつけが終わってからのわずかな時間が勝負だ。
あとはたまにもらえる自由時間で、カフェにPC持っていって少しずつやろう。

で、もう一度書くと、当面の行動目標は以下のとおり。

1.ブログに記事を投稿
2.仕事復帰に向けての勉強
3.仕事とは直接関係ないが、習得したい技術に関する勉強

それでは一つずつ決めていこう。

1.ブログに記事を投稿
まずは常に何を書こうか考えるクセをつける。
思いついたら即スマホにメモ。
これをスキマ時間でやる。
最初のうちはできるだけ頻繁に更新することによって、自分の考えを文章にしてアウトプットすることに慣れる。

2.仕事復帰に向けての勉強
僕はSIerでシステムエンジニアとして働いている。
知識としてざっと以下の項目をアップデートしておきたい。
・システム開発の基礎
・プロジェクトマネジメント
・データベース(SQLも)
・サーバ
・Java
・VB
ただ、限られた時間で全部やるわけにもいかない。
上に書いたものから優先して、本を買って読む。

3.仕事とは直接関係ないが、習得したい技術に関する勉強
新人研修で基礎は学んだし、配属されてからもプログラムを少しは書いてきたが、最近は仕事でプログラムを書くことがなくなっている。
しかし、自分のやりたい事を考えてみると、必ずプログラミングスキルのアップデートが出てくる。
そこで本当に今さらだが、1つの言語を一から学んで何か作ることを目標にしたい。
どうせなら自分が使って楽しめるものがいい。
僕は競馬が趣味なので、何か競馬に関連するものにしようと思う。
流行りでもあるので、パッと思い浮かぶのは、機械学習で競馬の予想を支援するソフトとかだろうか。
機械学習ということでPythonを勉強してみよう。

時間がとれない中でいろいろ詰め込みすぎの感じはあるが、まずはこれでやってみよう。
なんかワクワクしてきたぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする